DMSレプリケーションインスタンスのセットアップ

01


02

  1. ローカル PC のブラウザから https://console.aws.amazon.com にアクセスし、AWS マネジメントコンソールにログインします。

  2. 右上のリージョンに東京と表示されていない場合はアジアパシフィック(東京)を選択してください。


03

  1. 左上のサービスから Database Migration Service を選択してください。検索窓から Database Migration Service を入力して検索することもできます。

  2. 左ペインからレプリケーションインスタンスをクリックします。

  3. レプリケーションインスタンスの作成をクリックしてください。


04

  1. レプリケーションインスタンスの作成で、以下のように入力します。

    • 名前: dmshandson58
    • 説明: Instance for DMS hands-on
    • インスタンスクラス: dms.r4.large
    • レプリケーションエンジンのバージョン: 3.1.4
    • VPC: DMSHandson58 と名前がついている VPC
    • マルチ AZ: off
    • パブリックアクセス可能: off
  2. 以下を入力後、作成ボタンをクリックします。

    • セキュリティとネットワークの詳細設定 > アベイラビリティーゾーン: ap-northeast-1a
    • セキュリティとネットワークの詳細設定 > VPC セキュリティグループ: default

FullLoad では一定時間高負荷が掛かり、変更データキャプチャ CDC では長時間一定負荷が掛かります。
たとえテスト環境であっても、T2 インスタンスが使えるかどうかはテスト内容から十分に検討する必要があります。

本ハンズオンではソース DB / ターゲット DB 共に DMS インスタンスと同一 VPC にあるため、パブリックアクセスは不要です。
VPC 外にソース DB またはターゲット DB がある場合はパブリックアクセスが必要になります。