ターゲット側に移行先スキーマを作成し権限を付与

01

  1. DBeaver の Oracle - handson target database を右クリックします。

  2. コンテキストメニューから SQL Editor を選びます。


02

  1. SQL Editor に以下を入力して 1 行ずつ実行します。
create user dms_sample identified by dms_sample;
grant create session to dms_sample;
grant resource to dms_sample;
grant create table to dms_sample;
grant create sequence to dms_sample;
grant create trigger to dms_sample;
grant create view to dms_sample;
grant create synonym to dms_sample;
grant create public synonym to dms_sample;
grant create database link to dms_sample;
grant create materialized view to dms_sample;
grant drop public synonym to dms_sample;
grant execute on dbms_lock to dms_sample;
grant select_catalog_role to dms_sample;
grant select any dictionary to dms_sample;
alter user dms_sample default tablespace users;
alter user dms_sample quota unlimited on users;
alter user dms_sample temporary tablespace temp;

SQL は 1 行ずつ実行してください。

  1. エラーダイアログが表示されず正常終了することを確認します。

03

  1. 上記でターゲットにデータベースユーザーを作成したのち、DBeaver の接続情報を変更します。

  2. Database Navigator ペインでOracle - handson target databaseを右クリックします。

  3. コンテキストメニューからEdit Connectionを選択します。


04

  1. 既存の scott ユーザーで接続する設定を以下のように変更します。

    • User name: dms_sample
    • Passowrd: dms_sample
  2. 上記を入力しOKボタンをクリックしてください。