Amazon RDS for Oracle (Source)にログイン

01


02

  1. ローカル PC のブラウザからhttps://console.aws.amazon.com にアクセスし、AWS マネジメントコンソールにログインします。

  2. 右上のリージョンに東京と表示されていない場合はアジアパシフィック(東京)を選択してください。


03

  1. 左上のサービスから RDS を選択してください。検索窓から RDS を入力して検索することもできます。

04

  1. 左ペインからデータベースを選択します。

05

  1. DB 識別子nondmshandson58oraclesrcの行を選択し、nondmshandson58oraclesrcをクリックしてください。

06

  1. 接続とセキュリティタブのエンドポイントをメモします。例) nondmshandson58oraclesrc.xxxxxxxxxx.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com

07

  1. リモートデスクトップ経由の EC2 上の Windows のデスクトップにある DBeaver をダブルクリックします。

バージョンアップデートダイアログが開いた場合は close ボタンで閉じてください。


08

  1. Connect to database ダイアログから Oracle を選択し、Next ボタンをクリックします。

09

  1. Generalタブが開いていることを確認し、以下のように設定します。

    • Host: 前の手順で確認した RDS のエンドポイント 例) nondmshandson58oraclesrc.xxxxxxxxxx.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com
    • Port: 1521 のまま
    • Database: handson
    • User name: scott
    • Passord: tigertiger
  2. その後、Test Connection…ボタンをクリックします。

  3. Successダイアログが表示されれば、Finishボタンをクリックします。

US ASCII 配列のキーボード設定になっているのでご注意ください。

Tips of the day ダイアログが表示される場合は閉じてください。


10

  1. 左ペインから、追加された接続先エントリーをわかりやすい名称に変えます。

  2. Oracle – handsonを右クリックし、コンテキストメニューからRenameを選択します。


11

  1. その後、名称をOracle - handson source databaseに変更します。

  2. 確認のため、左ペインから Oracle - handson source database > Schemas > DMS_SAMPLE > Tables > MLB_DATA などが表示されることを確認してください。


  • また、ソース側の接続をもう一つ作成しておきます。

12

  1. Oracle - handson source database を右クリックしコンテキストメニューから Copy を選択します。

13

  1. また、Database Navigator ペインでエントリーがない部分で右クリックして Paste を選択します。

14

  1. Oracle - handson source database 1 が追加されていることを確認してください。